姿勢の崩れと腹圧の関係

西船橋駅前整体院(MINATOカイロプラクティック)

047-432-2170

〒273-0025 千葉県船橋市印内町584-1 中島ビル5F
アクセス:JR・東京メトロ 西船橋駅より 徒歩1分

営業時間/平日 10:30~21:00 土・日 10:00~20:00
定休日:月曜・祝日(祝日が土日の場合は営業します)

姿勢の崩れと腹圧の関係

スタッフブログ

2022/07/23 姿勢の崩れと腹圧の関係

こんにちは!西船橋駅前整体院の安藤です(^^)/

 

よく姿勢の評価として骨盤前傾・骨盤後傾などと言われることがあります。
骨盤前傾とは骨盤が前に傾いた状態。前に傾くことで腰椎が過剰に反ってしまいます。反り腰姿勢とも言われます。

逆に骨盤後傾は骨盤が後ろに傾いた状態。後ろに傾くことで腰の生理的湾曲がなくなり腰から背中にかけて丸くなってしまいます。

 

 

骨盤のニュートラルな位置は軽く前傾した状態でだいたい10度程度です。

この角度から大きくズレて傾くことでその上にある背骨も影響を受けて生理的湾曲(背骨のS字カーブ)が崩れてしまうのです。

 

 

ここで本題ですが、骨盤が前後に傾いてしまう原因って何だと思いますか?
骨盤前傾の方、骨盤後傾の方どちらのタイプにも当てはまるのが「腹圧が弱い」ということです。
腹圧とは内臓をおさめている腹腔内にかかる圧です。
腹圧は横隔膜・腹横筋・多裂筋・骨盤底筋の4つの筋肉が調整しています。
筋トレや力仕事の時にはこの筋肉群が働き腹圧を高め体幹をしっかり固めます。ちなみに排便の時にも腹圧は高まります。

腹圧には骨盤と腰椎を安定させる役割があり、正しい姿勢を保つために必要不可欠です。

腹圧が抜けてしまうと骨盤と腰椎が安定しなくなり前後に傾きやすくなります。これが骨盤前傾と骨盤後傾の原因のひとつ。

 

 

 

イメージとしてはお腹に風船がある感じです。

腹腔にしっかりとした風船があれば安定しますが、空気が抜けてふにゃふにゃでしたら安定しませんよね。

このようにお腹側で支えられていない姿勢は腰の筋肉や腰椎など背部にとてもストレスがかかり腰痛の原因になります。

姿勢の改善を目指すなら、軽く腹圧をかけて姿勢を維持するという習慣も必要なんです。

 

 

 

 

骨盤の前傾後傾の原因は様々ですが、「軽い腹圧がかけられていない」と聞いてギクッと思う方は多いのではないでしょうか。

ラクをしているつもりが実は身体にはとても負担がかかっている姿勢です。

姿勢の悪さが気になる方、肩こり腰痛がある方は身体の土台である骨盤が歪んでいる可能性があります。

骨盤の歪みは今回お話した前傾後傾だけではありません。

まずは詳しい姿勢の診断から致しますので、ぜひお気軽にご相談くださいね^_^

 

 

<この記事を読んだあなたに、おすすめブログ>

猫背の検査・背中の生理的湾曲は?

スマホ首にならないために出来ること。

カイロプラクティック(整体)とくびれについて

骨盤が上半身と下半身の連動に大切な理由

整体と合わせて効果アップ!加圧トレーニング

 

<よく読まれているブログ>

・ 膝が後ろに反ってしまう反張膝の原因は?

手首や足に出来るガングリオンの正体とは??

産後に多い腹直筋離開と改善方法とは・・・

手や指のしびれ 尺骨神経による障害について

歩き始めの股関節の痛み・・その原因は。(股関節形成不全)

弾発股の痛みと対処法とは

 

 

MINATOカイロプラクティック 西船橋駅前整体院
電話番号 047-432-2170
住所 〒273-0025 千葉県船橋市印内町584-1 中島ビル5F
アクセス JR 西船橋 徒歩1分 東京メトロ 西船橋 徒歩1分
営業時間 平日 10:30~21:00 土・日 10:00~20:00
定休日 月曜/祝日(土日が祝日の場合は営業しています。)

TOP